美容整形へと転職するにあたって

コミュニケーション力

整形外科医への転科等を検討される際には、ある程度の市場の動向やニーズ、実際に考えているエリアにはどういったクリニックなどがあるか、など様々な情報をしっかりと網羅しておく必要があると思います。

そこで、まずどういったポイントを押さえておく必要があるのかなど、基礎的な部分から少しおさらいしてみたいと思います。

まず、美容整形外科の診療スタイルというのは患者さんの悩みをカウンセリングするところから始まります、そういった特性から会話力や人当たりの良さ、或いは雰囲気なども含めての人物像を見られることが多いのが特徴です。あくまでも患者様に信頼していただける、心を開いていただけるようなポイントを押さえているかどうか、については改めて考えた方がいいでしょう。

 

大手なら過去の経験重視

大手のクリニックであれば、過去の経験等を判断材料として重視する傾向もございます。

基本的には病気を治す、というよりも自由診療の中で患者の方が求める美しさや体型の改善といったニーズをどれだけ満足させるための総合的クオリティが高いのか、という点が面談時に判断されるため、予め自分のウリとなるスキルを見直し、整理しておくことは重要でしょう。

また、あまり知らない転職事情として、美容整形外科の転職では、美容関連の経験が無い方の応募も多いようです。未経験であっても、レーザー治療やボトックス対応などの研修に始まり、顎の骨の削りや二重瞼の手術など、じっくりと症例を重ねていく事になるでしょう。いずれにしても、経験豊富なプロのコンサルタント等を擁している企業を探すこと、事前に業界の事等をある程度把握することなどは必須となるでしょう。