皮膚科医の求人動向について

都市部に求人が集中

専門医を知る為に、今回は皮膚科医の市場動向、傾向についてお話をさせていただきたいと思います。

まず、現状転職先を探すにあたり、皮膚科の求人募集の傾向をみてみてましょう。

実際に探してみるとすぐお分かりいただけるのではないかと思いますが、基本的には都市部に求人が集中していると言っていいでしょう。全体的に皮膚科医のニーズはある程度満たされているため、売り手があまり強くない傾向が見られます。

比較的医師は足りているか

また、年齢に関しても一定の傾向があります。年をとった熟練の医師よりも、若手で転科希望の医師などを中心にして人気が高いようなのです。全体的には医師不足といったイメージが強く、実際に不足して困っているという声が多いものですが、どうやら皮膚科に関しては例外に当てはまっているようです。

全体的な求人数に対して、比較的医師が足りているといった印象の強い分野と言えるでしょう。

また、実際に一般病院などで勤務する場合には、主に外来勤務が主体となってくるかとは思いますが、場合によって入院患者の回診を求められることもあります。

そのような場合には、褥瘡やアトピー性皮膚炎など、皮膚疾患における一般的な診療といった内容が中心になるようですね。