良質な転職先を求めて

転職先を探すにあたって

皮膚科医の医師の皆様、或いは転科を考えておられる先生の方にとって、できるだけ今よりも条件等の良い職場環境に移りたいと考えられていることでしょう。

そこで、実際に転職先を探すにあたって、どういったポイントに気を付けていけばいいのか、その辺りに少し着目してみたいと思います。専門医を知る事が大事ですよね。

 

スキルを確認される傾向

もし既に皮膚科においてある程度経験、キャリアをお持ちの先生であれば、ある程度出来る手業範囲について「実際のスキルがどのようなものか」を確認される傾向が強まっています。

例えばグリニック等の場合では、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入経験、フラクセルなどのレーザー治療やピーリングなど、対外的にご自身がPRすることの出来る経験がかなり広範囲に渡る分野でありますので、転職をするにあたっては「自分の持っているスキルがどういうものか」、そして「どのように自分を見せていけばいいのか」といった点をしっかりと再確認し、適切に伝えらえるように予め用意しておくことが好ましいのではないでしょうか。

また、病院勤務の場合では、主に褥瘡管理に対する意識や姿勢、といった点を確認されるケースが多いようですね。医療機関の形態によってこの辺りには大きな差がありますので、コンサルタント等に事前に確認をした上で臨まれた方が無難でしょう。